風景写真を綺麗に撮影する方法

風景写真とは自然や人工的な建物や都市等様々な風景を作品として写真に収めることを風景写真といいます。 風景写真の種類はさまざまで、巷で良く見かける風景写真では自然を中心とした風景を撮影している「自然写真」、 海外の市場や都市等のような風景を撮影した「都市写真」、歴史的な建造物や特徴的な建物を中心にして撮影している「建築写真」、 山を中心にしての自然風景を撮影している「山岳写真」、空や夜の星、天体等を中心に撮影している「星景写真」、 夜の夜景を中心に撮影している「夜景写真」、鉄道を中心として風景写真を撮影している「鉄道写真」など、多くの種類の風景写真があります。 風景写真といえば絵葉書などに加工されて地方のお土産品の1つとして販売されたりしていますが、最近ではパソコンの壁紙として使われることも多くなりました。

他にもパズルなどにも加工されてレジャーアイテムとしても使用されています。最近はカメラを趣味とする方も増えて風景の撮影を楽しむ方も多くなりました。 その影響でWEBサイトでもプロの風景カメラマンがアドバイスをしているサイトやプロによる写真教室もあります。

内容は風景写真の撮り方や撮影テクニック等を初心者向けから上級者向けまで幅広く対応したサイトもあります。 また最近はカメラでも従来のフィルムを利用したカメラとデジタル式カメラがあるので 各々のカメラによっても撮影するテクニックが違うので各カメラで撮影する方法も紹介しています。 最近では写真が趣味の方も腕を試す機会がたくさんあります。

素人の方でも気軽に参加ができるフォトコンテストなども盛んに開催されていているのです。 テーマも毎回さまざまで、春夏秋冬の四季ごとにそのテーマを掲載して写真を応募したりしています。 また賞金や賞品も豪華なのでプロはもちろんアマチュアの方も参加意欲が高まります。 またインターネットで自分が撮影した風景写真を紹介することもできます。 最近では個人のブログに撮影写真を掲載してたくさんの方に評価してもらったりして風景写真をより多くの方に紹介して風景写真の良さをアピールしている方も多いです。 この様に写真を楽しむ事で良い作品を生み出す一番の材料になります。

花を綺麗に撮影するには

背景がごちゃごちゃしていない場所を選びます。
撮りたい!!と思った花に近づいて十分に観察します。
良く観察して花が痛んでいると撮影はすぐに中断します。
マクロレンズで撮影すると、自分が見たものよりも拡大して撮影することになりますから汚れが目立ちます。
すぐに三脚を立てないで、周りをゆっくり回ってベストポジションを探します。
いいポジションがあったらカメラを手持ちで構えてどの位置から撮影するのかを決定します。
その決定したところにカメラがくるように三脚をセットします。
三脚にセットした場所からカメラのファインダーを注意深く見て、いらないものが入り込んでないか構図や絞りを決定します。
ピント位置は自分が一番表現したところに慎重にあわせます。
撮影モードは絞りを優先にするモードで、絞りは開放にしてピントを合わせてから確認します。
背景がピンボケしていると、主要被写体がよく見えますからバックとの距離などを考慮しましょう。
どこまで絞れるか絞りを変えて、それを決定してから撮影に入ります。
カメラの位置を前後に移動しても背景の状態は変化しますから色々試してみてください。
次は補正について説明します。
白や黄色の花は、必ずと言っていいほどプラス補正が必要です。
段階露出で少しずつプラス側に補正してくださいね。
また背景が暗い時や、赤い花や紫色を大きく表現したいときには、マイナス補正が必要です。
花が下を向いてしまって、逆光になっているとシベが暗く写ってしまいます。
そんな時は「レフ版」を使って光を補助してやれば美しく撮影できます。
風が強いと被写体が揺れてピントがボケますから、風が止む時間まで忍耐強く待ってシャッターを切ることも必要なことがあります。